名古屋大学大学院 情報学研究科 感性・触覚情報学研究室

鈴木泰博 (PI) の個人の活動/業績については
[click
to the Web page of Yasuhiro Suzuki (Principle Investigator) of the lab. personal


We are interested in Complex Systems that are composed of sensory communications mediated by tactile communications. We are taking a multi-disciplinary method in the science & engineering of Informatics.

(as for "informatics" please  see the page  of "what is informatics?")

私たちは触覚などの「感性によるコミュニケーションで構成される複雑系」に興味をもっています。そのため、分野横断的な情報学の手法をもちいて研究を行っています。

("情報学"については"情報学とは”のページをご覧ください。)


感性情報学とは?
「感性の情報化と情報処理」

感性とは一般に「物事を心に深く感じ取る働き」と定義されています(goo国語辞典より)。感性情報学は情報科学のほか認知科学、神経科学、人間工学、ロボット工学などを含む分野横断的な研究分野で、感性の数量化(印象、感動、イメージの定量化と数量化)を基盤として発展してきました。では、わたしたちの提唱する感性・触覚情報学とはなんでしょうか?


「感性・触覚情報学」とは?
「触覚をメディアとする感性情報学」

触覚は人間を含む自然界の共通言語であり、感性を伝達する情報メディアです。

文字や数字が「理性」のを媒介するメディア(言語)であるのに対し、触覚は「感性」を媒介するメディアです。私たちは「(広義の)触覚をメディアとした感性情報処理」を「感性・触覚学情報学」と定義しました。たとえば、コロナウィルスやインフルエンザウィルスは細胞表面上の糖鎖と触覚を介して作用しています。また動物たちは種を超えてグルーミングによりコミュニケーションしています。じっさい、私たちは犬や猫と社会問題について議論することはできませんが、喜びや悲しみを触覚コミュニケーションを介して分かち合うことができます。このように、自然界では物質から生命体まで触覚を情報メディアとした情報処理が行われています。

感性・触覚情報学により、私たちは自然と感性コミュニケーションを行い、自然から多くを学び、その学びを活用することで、自然と調和した医学・工学を発展させることができます。


What is Sensory Communication Informatics?

We define the Sensory communication as integrating the input of all of the sensory systems mediated by TactileSense, where Tactile Sense is "a universal language" in the communications. We see various Tactile Sense mediating sensory communications in Nature. For example, in molecular interactions, tactile sense of molecule mediates interactions,  inter-spice communications among animals are mediated by "grooming"  and in the non-verbal communications of human, tactile communication such as hugs, handshakes are crucial, and so on. 

We cannot discuss social problems with a dog but can share happiness or sadness with the dog through tactile communications. So we will be able to communicate with Nature by using a language of Tactile Communication.

Sensory CommunicationInformatics enables us to make sensory communicate with Nature; we learn more about nature and we utilize the knowledge to develop novel medicine, engineering in harmony with nature. 

contact to: 

suzuki.yasuhiro[at mark]f.mbox.nagoya-u.ac.jp