sci-lab (卒業研究テーマ集)

ys-labでこれまでに行われてきた卒業研究のテーマ集(一部)です.卒業研究は学部4年の4月から開始され,翌年1月まで行われます.短い期間ですが,とてもバラティー豊かな研究が行われてきました.

複雑系+情報学の「裾野のひろさ」を実感いただけるとおもいます.

・観光雑誌内の単語セットによる都市の系統樹の作成と分析

・メンヘラサポートサイトの文章のクラスター分析による“メンヘラ”の分類と考察

・仮想現実感を用いた集中力の測定

・心理学的方法を用いた複数の主旋律を違和感無く混在させる条件の検討

・近赤外分光法(NIRS)を用いた低周波音聴取時の脳活動の計測と分析

・生体情報を用いた触覚バーチャルリアリティシステムの構築とそのゲームへの応用

・近⾚外分光法を⽤いた脳機能イメージングによる振動触覚と脳活動の関係

・キュレーションサイトの情報を用いた電子観光しおり作成サービス

・セイバーメトリクスによる指標を用いた日本プロ野球とメジャーリーグ野球の統計分析

・時系列特徴解析によるロシア・アニメーションの演出に関する考察

・抽象化学系を用いた膜系の進化過程に関する特徴分析とその応用

・ピアノ曲運指決定法の拡張に基づいた難易度分析手法の提案

・ネットワークデータの活用と解釈方法についての考察

・P53-MDM2フィードバックループの確率的シミュレーション

・化学生態系でのCry Wolf植物による香り情報物質の変化の生態系の安定性への影響

・植物葉表面電位変化の性質について

・マッサージを介した複数の触覚刺激呈示とその弁別感受性の心理学的調査

・葉表面電位測定を用いた誘導防衛に関する植物間コミュニケーションの分析

・香り情報化学物質が介在する多者生態系の安定性について

・BZ反応のハイブレットシミュレータの作成

・葉表面電位を用いた匂いによる植物間コミュニケーションの分析

・リカレンスプロットを用いた映像のカット割り特徴分析

・フェイシャルマッサージにおける触譜を楽譜に変換する方法の検討

・匂いを介した生物間相互作用が生態系にもたらす効果の数理モデルによる検証

・人の知覚における能動的刺激の認識に関する検討

・タグ表記を用いた日本語解析法の提案とその応用

・旋律のパターン分析とその応用としての楽曲生成